きらっせネット歴史館
  


農村経営の先生。

大原幽学は天保、嘉永、安政にかけての混乱した中、長部村(現在の干潟町)を中心に房総の各地をはじめ信州上田などで、農民の教化と農村改革運動を指導し大きな事績を残した人物。道徳と経済の調和を基本とした「性学」を説き、農民や医師、商家の経営を実践指導し成功を収めた。無断不許複製
前半生は各地を遍歴していたらしいが天保13年(1842)には香取郡長部村に定住し、天保4年頃から独自の実践道徳である性学の教説活動を始め、弟子として入門する者が次第に増えていき、研修施設や教導所が作られ会合や講義が行われた。門人達は道友と呼ばれ、長部村に腰を落ち着けた幽学 は、性学道友の農民を指導し農村の復興を図り、農民が協力しあって自活できるように各種の実践仕法を行って成果をあげた。 しかし急激な性学運動の発展と農民が村を越えて労働と学習を共にしたことが幕府の怪しむところとなり、幽学は幕府の取り調べをうけた末、有罪となり失意のうちに安政5年(1858)3月8日割腹自殺により62歳の生涯を閉じた。