旭市に墓所のある戦国武将

宗太郎、左馬頭、伊予守。木曽義康の嫡男。元は木曽福島城城主。姻戚関係で甲斐・武田氏一門に列した。天正十年(一五八二)、織田信長の圧力に屈し、武田氏を離反。織田勢による信濃・甲斐制圧の饗導をつとめて、信州のうち筑摩・安曇郡を宛行われる。織田氏が滅ぶと徳川家康に従う。小牧・長久手の戦いでは羽柴秀吉に与して、保科正直と戦う。天正十八年、家康の関東入部により、下総阿知戸(足戸?)一万石(現在の旭市網戸)に移封され、同所で死去。法名東禅寺殿玉山徹公居士。現在旭市では木曽義昌公武者行列を行っている。ゲーム「信長の野望」では裏切りやすいらしい!?
墓所は旭市国道126号線サンモール東側に100メートルぐらいのところにあります。

JR旭駅より東北へ徒歩15分
国道126号線旭警察署より100メートル手前




徳川家に網戸に転封されてどう感じたのか?