きらっせネット歴史館


旭市。矢指小学校近くの大きな屋根のお寺。

旭市野中にあります。とにかくこの地域のお寺としては屋根が大きくて立派というのがおとずれて最初の感想です。
入り口には石柱があり看板の役目を果たしていますし、屋根も大きくて目立ちそうなものですが少し本堂が奥まった所にあるので行き過ぎそうになりました。
長禅寺は真言宗智山派で1401年長範によって、創建されました。
1565年には正木時忠らの軍勢によって、本尊はじめ堂塔が焼失。1568年に再建。翌年には本尊が完成。1789年再び火災。本尊は避難したが、本堂は焼けてしまった。
1799年現在の本尊が完成。つまり築200年・・・その立派な屋根は離れて見ても壮観。
市の指定文化財の欄間彫刻は江戸時代の代表的彫刻師「嶋村俊正」の作品である。
また本尊「愛染明王像」も市の指定文化財になっている。

〜戦乱後、村人たちは乏しい生活の中から浄財を集めて寺を復興し、本尊愛染明王像を造像した。この像の胎内には戦乱について墨書した銘文があり、当時の様子がなまなましく記録されている。〜(広報あさひより)
山梨県には同じ名前の「長禅寺」があります。武田信玄の母・大井夫人の菩提寺として有名なお寺です。そちらは臨済宗妙心寺派ですが。
また、お寺の西側には椎名内城があったと伝えられるが現在ではどこなのかもよくわからいようである。一部にはお寺の敷地内に堀の跡のようなものが残っているとも言われるが・・・
JR旭駅から車で約7分。矢指ヶ浦海水浴場まで2,3分。
近くにある「川長商店」のおにいさんが親切にしてくれました。