きらっせネット歴史館


銚子市高神西町にあります。名洗マリーナ近く。

銚子市の中心部からは外れた高神西町にある渡海神社。祭神は綿津見大神(わだつみのおかみ)709年に外川浦日和山に創建されたが津波被害のために1674年に現在の場所に移ったと伝えられる。東庄町の東大社の御神幸の神輿最後の一夜がここに泊ることから旧社であることが伺える。7500平方メートルある境内の極相林はツバキ、タブ、トベラなどの常緑広葉樹が数十種自生しています。このような森林は300年から400年人手が加わらずにできたのは県内でも少なく、県の記念物になっている。
初めて訪れたときは夕方訪れたが少し極相林に囲まれて薄暗く、少し怖かった。2回目は前回の反省を生かして真昼間に行ってみた。名洗マリーナに比較的近い場所なので屏風ヶ浦の夕陽を眺めに行くついでにお参りしてはいかがでしょうか?
県の天然記念物になっている極相林です。火災はないように焚き火やタバコ禁止の文字が多かったです。